双又翔先生の原作漫画となる『ナンバカ』がアニメ化されることになりましたが、

その原作について紹介したいと思います。

 

刑務所における囚人と看守によるアクションコメディということで、

暗いテーマではなく、明るく楽しめるものになっていることでしょう。

『ナンバカ』の原作漫画について。

 

双又翔先生の『ナンバカ』という漫画は、いわゆる週間少年ジャンプやマガジンといった

雑誌系ではなく、comicoという無料漫画アプリで連載されたものになります。

 

こうした形態から人気が出たことで、この度アニメ化になったこととなりますが、

まさかアプリからこうした展開になるというのは時代の影響が大きいですね。

 

ネットで展開している漫画は、文庫本という形にもなり、

現在では、2巻まで発売していることになります。

 


for amazon

 

2016年の今秋にアニメ化されるということですが、

あまりにも原作の貯金が少ないことから、

オリジナルストーリー中心に展開する可能性が高いでしょうか。

 

原作漫画ファンがより楽しめるものになっていれば幸いですね。

 

『ナンバカ』の漫画とアニメ版のキャラデザ比較。

 

公式から発表のあった『ナンバカ』ですが、

以下のものが、アニメ化したキャラクターデザインになっています。

 

t640_705251
出典 http://www.nanbaka.tv

 

一見した雰囲気からだと、原作再現はしっかりしているでしょう。

 

このアニメは、最近のものでありがちな、ハーレム系ではないですが、

逆にBL系に見えてしまうというのは管理人の不徳のなさというところです。

 

アニメPVについては発表されていませんが、

夏以降であれば、そうしたものも随時更新されてくるでしょうし、

開始間際まで大いに期待して続報を待ちたいです。