人気のラブコメアニメランキングTOP10!

かつて放送されたラブコメのアニメで、衰えない人気を誇るものをランキング形式で紹介します。

独断と偏見込みとなりますが、おおよそ優れたストーリーがあるものとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気のラブコメアニメランキングTOP10!

10位 とらドラ

とらドラ

おそらく10年経っても面白いラブコメということで、10位にランキング入りを果たしました。

10位にした理由ですが、非常に秀逸な物語で、原作のライトノベルを見ても、描写が細かくされていて、驚嘆する次第ですが、とにかく心理描写が暗いということで、誰にとってもおすすめできる作品にはなり得ないのではないかと思われます。

特に櫛枝実乃梨に関する部分が、読んでいても、かなり厳しいと感じ、それさえうまく処理すれば、なかなかに面白いアニメだと思われます。

9位 落第騎士の英雄譚

落第騎士の英雄譚

通称ギャバルディという、物議をかもしたラブコメアニメで、エロ方面が含まれていることから、完全な純愛というわけではないですが、それでもラブコメとしては成立していることから、ランキング入りを果たしました。

なお中身はタイトルの通り、バトルアニメとしても成立していることから、両方楽しめるものとなっています。

気になる方は第一話の視聴を推奨します。

8位 ハヤテのごとく

ハヤテのごとく

ラブコメの王道を往くということで、ハヤテのごとくがランキング入りを果たしました。

主人公のハヤテとナギというよりも、ヒナギクとのラブコメが中心かと思います。

作品自体がギャク要素込みで、非常に見やすい構成になっている点も、なかなかの高評価となります。

7位 神のみぞ知るセカイ

神のみぞ知るセカイ

ゲームを攻略するが如く、女の子を攻略することをテーマにおいたラブコメになります。

毎回1人ターゲットに絞って、ギャルゲの経験を活かし、落としていくことになりますが、女の子が抱えた様々なトラブルを解決し、惚れさせるという手法は、面白いと感じたところです。

最終回で、どの女の子を主人公が選ぶかについては、相当の物議をかもしたところですが、アニメでは途中までということで、アニメとライトノベル双方での閲覧を推奨したいところです。

6位 俺物語!

俺物語

少女漫画からの登場となった、俺物語という作品です。

いわゆる童話にある美女と野獣を、現代風にアレンジしたものとなり、見やすいものとなっています。

アニメだけでなく、実写映画化されるほどのラブコメということで、ランキング5位となりました。

5位 To LOVEる

ToLoveる

週間少年ジャンプより展開されている、矢吹健太朗先生の作品となります。

矢吹健太朗漫画賞が創設されるどの大物漫画家となりますが、先生の代表作がまさにToLOVEるになります(Black Catもですが)。

お色気要素をふんだんに盛り込んだ作品は、Blak Cat時代を180度方向転換したこともあり、すさまじい反響を産んだことになります。

なので完全にラブコメかというと妖しいところもありますが、一応ラブコメということでこのランキングとなりました。

4位 アマガミ

アマガミ

4位入りしたのがアマガミになります。

ゲームで人気を博したコンテンツで、まさに話すべてを通してのラブコメになっています。

ドキドキを楽しみたいという場合は、こちらが非常におすすめしたい物語となります。

ニコニコ動画では、アマガミを実況動画としては配信している方が多数見受けられ、その点でも支持が厚い作品であると言えるでしょう。

さまに伝説級だと思われます。

3位 涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱

社会現象化したほどの、人気ぶりとなる涼宮ハルヒの憂鬱になります。

2006年に放送されたアニメですが、2016年には長門有希ちゃんの消失が放送されたこともあり、時代を超えて愛されるラブコメでしょう。

特に後者の場合は、より恋愛要素が強くなっていることもあり、途中でそちらへ移っても問題ないような作りとなっています。

こちらも必見のラブコメアニメとなります。

2位 ニセコイ

ニセコイ

2016年ついに完結を迎えたニセコイですが、漫画やアニメ含め、さまに恋愛物語をしている作品です。

桐崎千棘、小野寺小咲の2大ヒロインをはじめ、橘万里花や奏倉羽など、凄まじい美人に囲まれるハーレム系になりますが、その点は構成上致し方ないでしょう。

アニメもしっかりしたつくりになっていて、たとえ10年経とうが面白いアニメということで2位となりました。

1位 瀬戸の花嫁

瀬戸の花嫁

管理人的に1位を推したいのが、瀬戸の花嫁になります。

2007年に放送され、相当古い作品になりますが、今もなお思い出に残る優れた作品です。

物語としては、極道一家の娘と結婚することによる騒動を描いたものとなり、ギャグ要素がふんだんに盛り込まれています。

ただ、最終話に近づくにつれて、しっかりした王道ラブコメに戻り大団円を迎える様はまさに圧巻です。

異論はあるかと思いますが、以上となります。

お時間あれば、どれか一つ視聴してみてもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク