おすすめの学園アニメ、人気ランキングTOP20!

学園生活、学生生活をメインにした学園アニメランキングのTOP20をご紹介。

ゲームや映画など、他のメディアにも波及し、社会現象を巻き起こしたこともあり、おすすめのアニメとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめの学園アニメ、人気ランキングTOP20!

20位 とらドラ

とらドラ

父親譲りの目つきの鋭さのため、ヤンキーに見られてしまうことを気にしている高須竜児は、高校2年に進級し、以前から好意を寄せていた櫛枝実乃梨や、親友である北村祐作と同じクラスになることができた。一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須はヤンキー」という誤解を、また最初から解かねばならないことが憂鬱であったが、実乃梨の親友で誰彼かまわず噛み付く「手乗りタイガー」こと逢坂大河との出会いにより、意外に早くその誤解は解かれることとなる。

ある放課後、大河は想い人の祐作にラブレターを出そうとするが、それを間違って竜児のカバンに入れてしまう。祐作へのラブレターを送ったことを知ら れたと思った大河は、深夜取り返すべく高須家に忍び込む。(高級マンションに住む大河の寝室の窓と高須家のベランダがほぼ同じ高さにあり、簡単に侵入でき るのである) この夜のやりとりがきっかけで、竜児と大河は「お互いの恋を応援する共同戦線」を張ることになる。

翌朝、大河に家に来るように電話で怒鳴られた竜児は大河 のマンションに出かけていくが、大河は一人暮らしで部屋はひどく荒れており生活感がなかった。寝ている大河を見た竜児は「作り物の人形みたいで小さくてか わいい」と大河を意識してしまう。

原作ライトノベルからの人気から、アニメ化された作品です。

王道の青春学園生活を送ることになりますが、心理描写が非常に緻密に描かれているものの、正直なところ重い展開が後半部分にやってきます。

特にライトノベルだと、それをより感じるものになりますが、アニメの方が若干緩やかになっていることから、まずはアニメ視聴を推奨します。

19位 ゆるゆり

ゆるゆり

富山県高岡市の田舎自然豊かな町の中学校。京子らは廃部になった茶道部の茶室をこっそり占拠して娯楽部を立ち上げ、ダラダラしたり、遊んだり、恋慕を募らせたりして、元気に青春を送っていく。

富山なので登場人物の家は基本一戸建て。家が大きいように見えるからといって、裕福という意味とは限らないことに注意しよう。富山の持ち家率全国1位。家の広さも全国平均の1.5倍以上ありぶっちぎりの1位なのだ。しかも田舎都市の喧噪から離れた町だから、大都市の住宅の倍ぐらいのもの。その分、富山に無いのは・・・そう娯楽だった。

学園生活もののアニメの中でも、いわゆる日常系となる本作。

ゆるゆりというタイトルから、百合方向のアプローチもあることから、そちらが好きであれば、視聴を推奨するものとなります。

また顔芸などもあることから、ギャグ要素もありと、なんでもアリの感じがします。

なおゆるゆりは、3期まで展開していることもあり、どっぷりアニメに浸ることができましょう。

18位 リトルバスターズ

リトルバスターズ

主人公・直枝理樹は、幼馴染である棗恭介、その妹である鈴、同じく幼馴染の井ノ原真人、宮沢謙吾と共に全寮制の学校に通っていた。彼等は昔、何かを悪者に見立ててそれを成敗する正義の味方「リトルバスターズ」を結成し、色々なことをしてきた。

両親と死別し塞ぎこんでいた理樹にとって、自らを外に連れ出し広い世界を教えてくれたその存在は大きかった。時に無茶苦茶で考えられない行動をする彼等に巻き込まれながらもそのことを楽しく感じて彼らと一緒にいた理樹は、「ずっとこの時が続いたらいいのに」と考えていた。

ある日、3年生である恭介が就職活動から帰って来た。理樹は「リトルバスターズ」の4人に、「昔みたいに何かしよう」と持ちかける。それを聞いたリーダー・恭介は近くに置いてあったボールを拾い上げ、宣言するのだった。

「野球チームを作ろう。……チーム名は、リトルバスターズだ!」

KEYの名作の一つとされるリトルバスターズです。元々はPCゲームとして展開された作品ですが、アニメ化で広く周知されたものとなります。

野球による物語となりますが、ループ世界が絡む伏線回収も見逃せないものとなります。

何のことを言っているかを知りたい場合は、本編視聴をおすすめしたいところです。

17位 Angel Beats!

Angel Beats!

森に囲まれた丘陵地にある天上学園は生徒総数2000名を越える全寮制の学校。一見するとごく普通の生徒らが生活を送っている学園だが、そこは死後の世界だった。

現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、あらかじめ用意されたエキストラ(NonPlayerCharacter)の生徒達と共に学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、「消滅」(成仏)し、転生する。

しかし、転生することを拒む人々がいた。少女・ゆりをリーダーとする「死んだ世界戦線(以降、戦線)」は、理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とし、元々が死後の世界であり「死ぬ」ことのないこの世界で、学校の秩序を守る「天使」と日夜戦いを繰り広げていた。

生前の記憶を失った少年・音無は、戦線のメンバーと行動を共にするが、次第にこの世界の真実を知ることになる。

ランキング17位としたのが、Angel Beats!になります。

あらすじは御覧の通り、死後の学園生活をメインにしている異色の作品になります。

キャッチコピーは、「神への復讐。その最前線」となり、バトルと学園ものが合わさったストーリーでしょう。

特に見どころとなるのが、音楽関係で、OPをはじめED、本編におけるBGM等です。

かなりの力の入れようで、そちらだけでも、YouTubeで聴いてみるといいでしょう。

16位 アマガミ&キミキス

アマガミ

主人公(デフォルト名は橘純一。以下、「純一」と表記する)は高校2年生の少年。純一は憧れの先輩・森島はるかを遠目に眺めつつ、彼女もいない寂しい学園生活を送っている。彼は過去のとある経験から、恋愛とクリスマスに苦手意識を持っていた。吐く息も白くなり始めた初冬のある日、純一は憧れの先輩の卒業が迫りつつあることに気付き、2つの苦手意識を克服しようと心に決める。純一は様々な女の子と出会い、一つ一つの行動を選んで付き合いを深めた末に、クリスマスを迎えることとなる。

甘い青春となれば、この学園アニメは欠かせないでしょう。

様々なタイプの女の子にアプローチをかけて、クリスマスを前に結ばれること目標とすることから、現代版ときメモのようなものとなっています。

特に女の子が非常に魅力で、伝説級のものとなっていることから、男性陣には必見になろうかと思います。

15位 ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー

浜美大に通う竹本(櫻井翔)は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみ(蒼井優)に恋心を抱く。彼女は大学の教授・花本(堺雅人)の親戚で、天才少女と うわさされる転入生だった。はぐみのことが頭から離れない竹本だったが、彼と同様にはぐみを気にかける非凡な先輩・森田(伊勢谷友介)の存在が竹本の恋心 をかき乱し……。

ノイタミナで放送された、ハチミツのクローバーですが、非常に優しい絵のタッチから想像されるように、非常にほのぼの系のアニメになります。

ただし、恋愛要素の絡みにとるトラブルもあり、ただのほのぼのでは終わらないところがミソでしょう。

男性及び女性全般に推奨でき、またこれらのコンテンツが、実写ドラマ、映画化になっている点からしても、幅広い層に受け入れられていることでしょう。

14位 ペルソナ4

ペルソナ4

2011年4月11日。両親の海外出張で日本に残された主人公は、1年間だけ母方の叔父の家に居候することになった。彼が転入した八十神高校では、「雨の夜の午前0時に点いていないテレビで自分の顔を見つめると、別の人間が映る」という「マヨナカテレビ」の噂が流れていた。

この噂は実際に起こりつつあった怪異の一端であり、マヨナカテレビの噂を確かめようとした主人公、陽介、千枝はテレビの中の異世界の存在を知ることになる。同時期に町で発生していた連続殺人事件とマヨナカテレビには関連があると睨んだ主人公たちは、異空間を探る中で「シャドウ」と呼ばれる化け物に襲われ、日常の裏にある世界の闇を垣間見ることになる。

怪異に触れることで、自らの抑圧された感情の化身を具現化して使役する「ペルソナ能力」を発現させた彼らは、警察に話しても信じてもらえないという考えから、秘密を共有する仲間と共に、事件や異世界に隠された真実を追うべく、自称「特別捜査隊」を結成することになる。

主人公は表向きはごく普通の高校生として、学業や部活やアルバイトに励み、多くの人々と交流を築く一方で、放課後には仲間と共にシャドウが徘徊する異空間で戦い、事件に巻き込まれた人々を助け、事件の解決のために奔走する。

ペルソナシリーズでも、かなり評判のいい作品がこのペルソナ4になります。あらすじにある通り、ペルソナを操って、殺人事件の真犯人を探る物語となります。

シャドウにとりつかれた仲間を救い出し、またペルソナを開放して、特別捜査隊を結成することになりますが、主人公と各キャラの交流が秀逸に描かれており、そちらも評価を上げる要因となります。

ナナコンも必見ということで、おすすめとさせていただきました。

13位 お願いティーチャー&ツインズ

お願いティーチャー

辺境惑星の駐在監視員として、地球に赴任した宇宙人・風見みずほ。正体を隠して、高校の教師として赴任したみずほは、主人公である草薙桂のクラスの担任となる。偶然、みずほの正体を知ってしまった桂は、彼女の秘密を守るため、彼女と結婚して夫婦として暮らすことになる。

桂は中学時代のトラウマから、「停滞」と呼ばれる、精神的なストレスに起因する「肉体的・精神的に昏睡状態」になる病気を患っており、過去には「3年間の長期停滞」を経験していた。 みずほとの生活から、いくつもの停滞を経験しながらも、次第に回復の兆しを見せていく。

そんなある時、クラスメイトの森野苺が、自分と同じく長期停滞により、6年間も時が止まっていた事を知る。同じ病気を抱えている苺の望みを叶えるために、桂は縁川小石と付き合うことになってしまう。お互いに心を通じ合わせ、求め合っているにも関わらず、様々なすれ違いから、疎遠になっていく桂とみずほ。それにともなって、桂の停滞は進行していってしまう。

宇宙人となる風見みずほと草薙桂による偽装結婚による物語。

甘い展開ながらも、停滞とよばれる病気や苺との恋愛劇から、ただの学園恋愛劇では終わらないものとなります。

風見みずほ先生が非常に可愛く仕上がっていて、年上の女性が好みであれば、必見。

またその続編となるツインズでは、真の双子を探し出す物語となり、まずはお願いティーチャーを観て、大丈夫であれば、次のツインズへ向かうといいでしょう。

12位 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道の6人は、小学校時代に互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成して秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、超平和バスターズは決別、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、中学校卒業後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気 味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間 には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。 それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた仁太達は再び集まり始め、それぞれ抱えていた思いをぶつけあいながら絆を少しずつ修復されていく。

ヒロインのめんまを巡る、学園生活物語となります。

幼いころに事故死してしまっためんがですが、とある日主人公の前に出てくることで物語が大きく進みだします。

それぞれの内面を綺麗に描き出し、主人公とヒロインの枠にとどまらず、しっかりとしたエピソードを盛り込んだ点が好評価でしょう。

11位 けいおん

けいおん

部員0で廃部寸前の私立桜が丘女子高等学校(桜が丘高校)軽音部。唯、律、澪、紬の4人の生徒がバンドを組み、ゼロから部活動を行っていく。途中新入生の梓が加わり、5人となる。軽音部の結成から卒業までの3年間を描く。

社会現象にまでなった、けいおんというアニメがありますが、未だ衰えることのない伝説を保持していることでしょう。

唯、律、澪、紬がバンドを組んで、放課後ティータイムとして活動を描くことになりますが、かなりのほのぼのとした感じがあり、絶え間ない練習の末、大きな大会で優勝するといったたぐいものではないので、それが大丈夫というのであれば、おすすめできるでしょう。

超能力、異世界などが全く絡まない学園アニメになり、音楽を通じて青春を楽しむものとなりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク