10位 とある魔術の禁書目録&とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲

 

超能力が科学によって解明された世界。能力開発を時間割り(カリキュラム)に組み込む巨大な学園都市。その街に住む高校生・上条当麻のもとに、純白のシスターが現れた。彼女は禁書目録(インデックス)と名乗り、魔術師に追われていると語る。こうして上条当麻は、科学と魔術の交差する世界へと足を踏み入れていく。

 

こちらも学園アニメで名作とされる、とあるシリーズの作品。

 

超能力や化学、魔術様々な要素を駆使して戦うバトルが描かれています。

 

上条当麻に限っては今でも秀逸なAAが残っていますし、ストーリーでは、話の広がり具合が半端でないのほどの広がりを見せていますが、とにかく爽快なバトルが楽しめるという点については優秀だと思われます。

 

9位 ガールズ&パンツァー

ガルパン

 

学園艦と呼ばれる船の上に学校があり、「乙女のたしなみ」として華道や茶道などとともに「戦車道」があり、学校対抗の全国大会が行われている世界。テレビアニメ版では、自分の道を見失って強豪校を去ることになった主人公・みほが、実績のない無名校を率いて全国優勝を目指しながら、自分の戦車道と向き合っていく過程を描いている。

 

ガールズ&パンツァー、通称ガルパンですが、映画化により火が付いた学園アニメになります。

 

この世界では、戦車によるスポーツ競技が盛んで、それを舞台とした青春ドラマを描き出します。

 

「ガルパンはいいぞ!」と呼ばれるほどで、視聴されていない方はアニメ本編と共に、映画も同様に見るのがより一層優れた楽しみ方になるはずです。

 

8位 クラナド

クラナド

 

怪我でバスケットボールを断念し不良となっていた主人公の岡崎朋也は、ある日学園前の坂道で女子生徒の古河渚と出会う。渚は演劇部の復活を目指しており、朋也や朋也が教師幸村俊夫の働きかけで出会った友人の春原陽平、その他ヒロインらが演劇部の再建に協力していく経緯を軸に、各キャラクターのルートに分岐して物語が進められる

 

学園生活の物語で、記憶に深く刻まれたクラナドがランキング入りしました。

 

学園だけの枠にとどまらず、クラナドは人生ともいわれるほどの名作です。

 

なお本作の紹介は学園編なりますが、このアフターストーリーもあり、それは物議を醸しだしたことから、すべての人におすすめできるものとは言い難いですが、クラナドが気に入ったのであれば、最後までの視聴をおすすめします。

 

7位 涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱

 

極々普通の男子高校生主人公 キョン 、彼の視点からその映し出される世界には、いつもその中心に女子高校生ヒロイン涼宮ハルヒと団体「SOS団」(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団、Sekai wo Ooini moriageru tameno Suzumiya haruhiの団→SOS団)での活動を中心にさまざまな登場人物と日常的非日常があった。

 

こちらも社会現象を引き起こした名作になります。

 

涼宮ハルヒを中心に、超能力者、未来人、宇宙人が集い、様々な超常現象の中、コメディありの学園生活物語となります。

 

2016年では、長門有希をメインヒロインに抜擢された、長門有希ちゃんの消失が放映されたこともあり、サブキャラ含めて愛されている、支持の厚いコンテンツでしょう。

 

6位 ラブライブ!&サンシャイン

ラブライブ!サンシャイン

 

ラブライブ!

東京都千代田区にある、ごくありふれた女子高校の「音ノ木坂学院」 (おとのきざかがくいん)。地域の人々の想い出に育まれた歴史と伝統あるこの学院も時代の流れには勝てず、3年後に迫る学校統廃合の危機に瀕していた。そ んな中、9人の生徒が立ち上がる。彼女たちは、自らがアイドルとして活動し、学校の名を世に広め、入学希望者を増やそうと考えたのだ。今、少女たちと、ま だ見ぬファンのみんなで叶える物語=スクールアイドルプロジェクトが始まった。

 

ラブライブ!サンシャイン

静岡県沼津市内浦にある、女子高校の「浦の星女学院」(うらのほしじょがくいん)。この学校は全校生徒が100人にも満たないことから、学校を盛り上げるためにスクールアイドルを結成することになった。

 

2016年ではラブライブの続編、サンシャインが放送中となりますが、どちらも視聴必須の学園アイドル物語となります。

 

ラブライブでは声優たちによるμ’sが紅白歌合戦に出場したことに加え、NHKでも再放送されたこともあり、まさに一つの伝説をつくり上げたことでしょう。

 

特に歌の方も注目で、作中にもいい歌が盛り込まれているので、そちらのもうも要チェックです。

 

5位 時をかける少女

時をかける少女

 

ある日、中学3年生の少女・芳山和子は、同級生の深町一夫や浅倉吾朗と一緒に理科室の掃除を行っていた時に、実験室でラベンダーの 香りを嗅いで意識を失う。その3日後、和子の周囲にはいくつかの事件が起こる。

深夜に起こった地震により、吾朗の隣の家が火事になる。そして、その翌日に 吾朗と共に交通事故に巻き込まれそうになった瞬間、和子は前日の朝に時間を遡行する。

もう1度同じ1日を繰り返した和子は、一夫と吾朗にこの奇妙な体験を 打ち明ける。最初は信じなかった2人も、和子が地震と火事を予言した事で、和子の話を受け入れる。

3人の話を聞いた理科の担任である福島先生は、和子の能力はテレポーテーションとタイム・リープと呼ばれるものであることを説明し、事件の真相を知るためには、4日前の理科室に戻らなければならないことを指摘する。

 

時をかける少女は、何度もリメイクされる普及の学園アニメとして、世代を超えて愛される作品でしょう。

 

とあるラベンダーの香りを嗅いだことにより、タイムリープの能力を身に付けてしまったことによる恋愛劇が物語の軸となります。

 

完全なるハッピーエンドとは違いますが、納得の結末を迎えることになりましょう。

 

きっとこころ動かされる物語となりましょう。

 

4位 瀬戸の花嫁

瀬戸の花嫁

 

瀬戸内の祖母の実家に遊びに行った満潮家の一人息子・永澄は、海水浴中に溺れた所を人魚の少女・瀬戸燦に 助けられたのだが、人魚にはある掟があった。それは「身内以外の人間に人魚の姿を見られた場合、どちらかが死ぬ、または人魚の正体を知った人間が人魚の身 内となる」というもの。

そのため、死ぬか身内になるかを選択した永澄と燦は結婚する事になる。

しかし、それに反対する燦の父であり瀬戸内魚類連合「瀬戸内 組」の組長・豪三郎や燦の護衛である巻き貝の巻は、それを阻止すべく永澄を抹殺せんと様々な攻撃を仕掛けてくる。

そんな命懸けの日々を瀬戸内で過ごしてい る内に夏休みは終わり、永澄は燦と共に埼玉にある満潮家に帰ることになった。

しかし、燦の事が気がかりで追ってきて、強引な方法で永澄の通う磯野第三中学 校(アニメ版では磯野第八中学校)の関係者となった「瀬戸内組」の面々に、元々埼玉にいた人達は振り回されていく。

 

ギャク要素強めの学園アニメとして、瀬戸の花嫁を推奨します。

 

世界観が人魚と極道の組み合わせの異色アニメながらも、しっかり学園生活を通してのラブコメを含んでおり、管理人的に是非ともおすすめしたいものとなります。

 

女性キャラも、しっかり気合いの入った子ばかりで、そういった子もいいなと思わせられるものとなっています。

 

3位 四月は君の嘘

fajlje032q

 

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

かをりは、好意を寄せる渡亮太との仲を椿に取り持ってもらい、渡と椿の幼なじみのである公生とも行動を共にするようになる。公生はか をりに好意を抱くようになるが、親友である渡に気を遣って想いを伝えない。

椿は公生のかをりへの恋心に気付き、また自身に芽生えた公生への恋心にも気付き 苦悩する。かをりは、公生のことを友人Aと呼び、ぞんざいに扱いつつも、自分の伴奏を命じるなど、公生を再び音楽の世界に連れ戻そうとする。

また、かつて 公生の演奏に衝撃を受けピアニストを目指すようになったライバルの相座武士や井川絵見にも背中を押され、公生は再び音楽の道に戻っていく。

 

ピアノやヴァイオリンをメインにした音楽と学園物語を混合させた青春ストーリーとなります。

 

有馬公正はじめ、宮園かをりたちによるほのかな、甘酸っぱいやり取りもさることながら、音楽の作り込みが綺麗で、実際にプロのピアニストやヴァイオリニストの協力で作り出されたものとなります。

 

なので、本編視聴後には是非ともCDを買ってみてほしいほどのクオリティとなります。

 

2位 コードギアス

コードギアス

 

超大国ブリタニアの少年、ルルーシュがブリタニア占領下の日本でギアスという他人を操る特殊能力を得てそこからブリタニアとの戦いに踏み込んでいく姿を描く。

 

学園生活兼ロボットバトルアニメとして、非常に優秀なつくりになっているのが、このコードギアスという作品です。

 

C.C.(シーツー)との出会いにより、絶対順守の命令権を手に入れた、ルルーシュがテロリストと手を組み、占領下からの脱出を目指すというもの。

 

ロボットアニメの大家となるガンダムとは違いますが、現実に作り得るようなテクノロジーで構成されていることから、まさにリアリティーを追求したものとなります(後半ではインフレ化して、その限りではありませんが)。

 

未だかつて忘れ去られることのないインパクトを世に与えた作品ということで、このランキングとなりました。

 

1位 カードキャプターさくら

カードキャプター

 

 

木之本桜(以下、「さくら」)は、私立学校の友枝小学校に通う小学4年生。父・藤隆と兄・桃矢と3人暮らしで、兄の親友・雪兎に憧れている。ある日、藤隆の書庫で不思議な本を発見する。

すると、その本から封印の獣ケルベロス(ケロちゃん)が現れた。その本は、魔術師クロウ・リードが作った魔法のカード「クロウ・カード」が入っていた。

全てのカードがさくらの住む町にばらまかれてしまい、封印が解かれるとこの世に「災い」が訪れるというクロウカードを回収するため、さくらはケルベロスによって「カードキャプター」にされ、ケルベロスや親友・大道寺知世、クロウの血縁の少年・李小狼(リ・シャオラン)と共に、クロウカードの起こした事件を解決しながら、カード集めに奮闘する。

 

最後に紹介するのが、カードキャプターさくらです。

 

おたく製造機とも揶揄される作品ですが、まさに萌えを量産する名作になります。

 

さくらがカードキャプターとなり、クロウカード収集に走ることになりますが、1回ごとに様々なコスプレを着てくれるところが、非常に手が込んでおり、本当にかわいいなと思わせるシーンばかりです。

 

男性だけでなく、女性でもファンが多い作品ですし、学園アニメとしてのランキングでは、1位はこれ以外ないのではないかと判断し、推させていただいた次第です。