『魔法少女育成計画』はとにかくヤバい?鬱展開アニメになるか。

2016年の秋開始されるアニメ、『魔法少女育成計画』があります。

魔法少女に関する話題は尽きることのない定番ジャンルになりましょうが、この作品は一体どのように受け入れられるかが非常に楽しみなところであります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

原作紹介。

『魔法少女育成計画』の原作は、ライトノベルがあり、遠藤浅蜊先生の執筆物になります。

2012年から刊行され、現在では完結しているようで、アニメでは最後までエピソードがしっかり盛り込まれることでしょう。

for amazon
原作を知らない方は、アニメ1話を観て、もしくは事前の段階でライトノベルを読んで臨んでもいいでしょう。

アニメのキャラクターやPVについて。

魔法少女育成計画

続いてアニメ本編の情報ですが、ほぼ完成状態になっていて、まさに放送開始まで秒読み状態ということになりましょう。

上記のようにかわいい魔法少女たちがアニメで頑張る作品となっています。

主人公となるのは、スノーホワイトという娘で、ごくありきたりな女の子から、ファヴ(マスコットキャラ)からスカウトされて魔法少女になることから大きく物語が進展します。

現在様々なPVが公式より提供されていますが、スノーホワイトなどメインのキャラクターのボイスが聴けるものが以下のようになっていますので、一度視聴をおすすめします。

声優は東山奈央さんが担当され、明るい雰囲気を醸し出しているなというのが第一印象です。

ただ後述するあらすじでは、必ずしも明るいテーマになっていないことから、その点のギャップも気になります。

物語のあらすじについて。

魔法少女育成計画ですが、公式の雰囲気の良さとは違い、あらすじがかなりの鬱展開を予想させるものになります。

大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。

幸運にも魔法の力を得て、充実した 日々を送る少女たち。

しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、十六人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバ イバルレースが幕を開けた……。

十六人の魔法少女たちによるデスサバイバルになりますが、どの少女たちもそれぞれかけがえのない夢や願いがあったわけで、運営の身勝手な采配からの崩壊劇は、虚淵脚本のまどマギを想起させるものです。

ただし唯一の救いとなるのが、今回のアニメ脚本は、『四月は君の嘘』を手掛けた吉岡たかをさんが関わっていることから、多少の安心感がありましょう。

ifとして、虚淵先生が関わっていたとしたら、かの再現の到来があったかもしれません。

なお管理人は原作未読ですが、劇的展開の末、大団円での幕引きを期待したいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク