2016年の秋アニメで、『ロストレージ インサイテッド ウィクロス』が登場するとのことです。

 

カードゲームをアニメ化したもので、実のところ過去に放送されたことから、いわば続編に近いものになろうかと思いますが、果たして人気のほどはどうでしょうか。

カードゲームについて。

カード

 

『ロストレージ インサイテッド ウィクロス』の原作となるカードゲームですが、タカラトミーより発売されているものとなります

 

カードゲームでアニメ化された作品と言えば、『ポケモン』を筆頭として、『遊戯王』、『ギャザ』、『ヴァンガード』がありますが、その御仲間の一つと言えるでしょう。

 

管理人はこのゲームのメインユーザーではありませんが、公式でのチュートリアルを勉強しておよそのルールを把握しました。

 

ゲームのルールの複雑さで言えば、ギャザが挙げられますが、それよりも簡単な部類になり、

ポケモンや遊戯王クラスのわかりやすさがあろうかと思います。

 

また絵柄ですが、リアル系ではなく、親しみやすい系のものになっていて、ハマる人はハマるでしょう。

 

カードゲームのプレイヤーであれば、今秋の『ロストレージ インサイテッド ウィクロス』は見逃せないでしょうか。

 

『ロストレージ インサイテッド ウィクロス』のあらすじについて。

アニメ

 

『ロストレージ インサイテッド ウィクロス』のあらすじですが、新作アニメということで、執筆時においては詳しい情報が開示されていません。

 

カードゲームが原作ということながらも、前期があるアニメなので、その関連性が気になるところです。

 

話によると、鬱展開もあるようなシーンもあるということで、物語の進展が特に見どころになるのではないでしょうか。

 

実際公式の謳い文句に、「今度の代償はー記憶。」とあることから、明るくほのぼのはまずないでしょう。

 

ちなみに、あらすじを代弁するPVが以下のようになっています。

 

 

動画内で流れていた、主題歌「Lostorage」が好感触で、それだけでも1話を視聴してみたいところです。

 

ただ1点気がかりとなるのが、前期を見ていないと、アニメの展開についていけないことでしょう。

 

そういった懸念がありますが、そこは『ロストレージ インサイテッド ウィクロス』の制作陣に頑張ってもらうことにしましょう。