『舟を編む』が驚愕のアニメ化!キャストや声優は?

三浦しをん先生の小説『舟を編む』がなんと、2016年の秋アニメになるようです。

しかもフジテレビのノイタミナ枠ということで、かなりの気合いを入れようで、オタクだけでなく、もっと広い層にまで波及することが予想されるでしょう。

今回『舟を編む』のキャストや声優について、どういう人が担当しているか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじやPVはどうなっている!?

いわゆる日本のアニメで、硬派な小説が原作というのは多くないですが、今回『舟を編む』がノイタミナ枠で、出張ることになりました。

ジャンルとしては珍しい文学系で、以下のあらすじで物語が進みます。

出版社・玄武書房では中型国語辞典『大渡海』の刊行計画を進めていた。

営業部員の馬締光也は、定年を間近に控えて後継者を探していた辞書編集部のベテラン編集者・荒木に引き抜かれ、辞書編集部 に異動することになる。

社内で「金食い虫」と呼ばれる辞書編集部であったが、馬締は言葉への強い執着心と持ち前の粘り強さを生かして、辞書編集者として才能を発揮してゆく。

辞書を編集する中で、主人公の成長を見守りつつ、様々な困難に立ち向かうといった展開になりましょうか。

本作の小説ですが、実写映画化されており、それをちらっと見ましたが、そうした作品がまさかアニメにまでなるとは驚くばかりです。

企画した人のセンスに感服するわけですが、予告となるPVもそれに引けを取らないものがあります。

やはりアニメということを差し引いても、なかなか興味を持たされる印象がにじみ出ています。

主人公がサラリーマンというのもありますし、辞書編集というのも相俟ってのことでしょうが、これは見逃せないものになりそうですね。

キャストや声優は!?

舟を編む

PVをご覧いただいた通り、3名の主要キャラクターによる展開が軸となりますが、その担当声優が非常に豪華となります。

キャラ名 キャスト
馬締光也 櫻井孝宏
西岡正志 神谷浩史
林香具矢 坂本真綾

いわゆる超のつく有名声優を、今回の『舟を編む』のキャストに起用したことがわかるでしょう。

そういった声優事情の関係からも、各々のファンがアニメを観るとなると、相当盛り上がりを見せるコンテンツ必至です。

おそらく上記以外のサブキャラに等しい人でも、相当の有名声優をキャストにしているでしょうし、まさに今秋の覇権アニメにノミネートされるほどです。

本編がまだ始まっていませんが、とにかく胸躍る作品であることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク