『ろんぐらいだぁす』コアなファンを掴みきれるかがアニメ成功のカギ!?

2016年秋アニメに『ろんぐらいだぁす』が堂々参戦することになります。

本作のテーマは、ずばり自転車になります。しかも女の子が、折り畳み自転車に興味を持つということから、かなり的をしぼったアニメだなという具合ですが、いかにコアなファンをつかみきれるかがカギではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじやPVについて。

ろんぐらいだぁす

本作の『ろんぐらいだぁす』は非常にシンプルで、自転車を通じての青春を描く物語となります。

ある日、女子大生の倉田亜美は、
タイヤが小さな折り畳み自転車に一目惚れ。
「運命の出会い」を信じた亜美は、
貯金をはたいて「ポンタ君」を購入。
サイクリング経験者の幼なじみ・新垣葵と一緒に走り出す。
流れる景色、肌をなでる風の心地よさ……。
初サイクリングで味わった非日常的な体験が、
亜美の心と体を刺激する。
「私…このままどこまでも行けちゃいそう」
しかし、サイクリングの現実は
甘いことばかりではなかったのだ!

このように、自転車をメインのテーマに据えるというのは、なかなか珍しいと言えるでしょう。

なので非常に目立つ格好になりますが、このアニメを視聴する層がかなり絞られることも事実でしょう。

この『ろんぐらいだぁす』が成功を収めるには、コアな人たちに受け入れられることが条件となってきますが、そうしたアニメづくりは非常に大変だったりします。

車をはじめ、戦車、バイクなどにまつわるアニメで成功したものはどれも、やはり専門性という点で、光るものがあったからこそだと思います。

ちなみに以下PVとなりますので、ご覧いただければと思います。

視聴した感想ですが、なんとなく『ばくおん!!』を彷彿させるようなキャラデザだと感じました。

ともあれアニメ放送前なので、どういったものになるかはまだわかりませんが、放送するからには、ファンに受け入れられるように頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク