2016年10月より放送開始となる『ユーリ On ICE』というアイススケートのアニメがあります。

 

現時点では配信日前となりますが、期待値の高さからかなりの評判となっています。

 

作画をするにあたり、参考にしたモデルについて見ていきたいと思います。

PV動画と振り付けモデルについて。

ユーリ On ICE

 

まずモデルの紹介の前に、非常に評判となっている理由ともなる、作品自体についてご紹介。

 

ジャンルがアイススケートと珍しいものとなり、通常観る人がかなり絞られるような形となりますが、以下ご覧いただくPVのすごさから、ジャンルにかかわらず注目作品となります。

 

 

 

あまりに動画がサクサク動くので、通常の力の入れようとは雲泥の差があります。

 

おそらく疑似的なアニメ映画レベルに相当するのではないでしょうか。

 

このハイクオリティな状態が最後まで続くとなれば、いわゆる神作品となるわけですが、そうした面でも、大いに胸が膨らむと言えるでしょう。

 

振り付けのモデルは誰!?

 

本題のアイススケートの振り付け、特にユーリのものですが、モデルは一体誰を参考にしているのでしょうか。

 

制作陣の話によると、特定の人物をモデルにしたというわけではないものの、デニス・テンの建国をイメージしたとされているようです。

 

デニス・テン

 

デニス・テン氏は、カザフスタン出身の選手で、2013年の世界選手権2位や2015年の四大陸選手権優勝といった錚々たる実績の持ち主。

 

特定のモデルは考えていないとしても、こうした演技を参考にしているとなれば、実質モデルと言えるのではないでしょうか。

 

『ユーリ On ICE』では、非常に多くの選手が登場しますし、様々なモデルを基に、精密な作画を作り上げていってくれることでしょう。