『競女』アニメの評価はどこまでたどり着くか。

2016年の10月よりTOKYO MXをはじめとた放送局で、『競女』が開始されることになります。

いわゆる、昔なつかしの競技、おしくらまんじゅうをアニメ化したようなものになりますが、中身が際物であることから、デッド・オア・アライヴが好きな方だと楽しめるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメの評価はどこまでたどり着くか。

競女

本作の世界線では、競馬やパチンコに並ぶ新たなギャンブルに、競女というものが生まれています。

いわゆる胸やお尻を使って水上のサークルからの落としあいをするという競技となります。

貧乏な高校3年生の神無のぞみは、お尻や胸を使って女子選手達が水上ステージでの落とし合いで競う公営ギャンブル競技「競女」の世界を知り、一攫千金を狙い競女の選手となることを決意する。

のぞみは瀬戸内競女養成学校に入学し、元柔道選手の宮田さやかをはじめ多くの個性的な同級生達と共に数々の試練を乗り越え、何とか卒業してプロデビューする。

このあらすじからしても、かなりの際物になることがわかりますが、PV動画を視聴すると、この意味がわかるかと思います。

おそらくこのアニメを最後まで視聴する層というのは、想像するところ、人気ゲームのデッド・オア・アライヴが好きなプレイヤーでもありそうです。

デッド・オア・アライヴ

『競女』の必殺技について。

『競女』の原作では、様々な必殺技が考案されているということで、その妙技をいくつか紹介しておきたいと思います。

技1

技2

技3

技4

技5

技7

ひとまず技紹介は以上となります。

これらの他にも特殊なものがあったり、もしかするとアニメオリジナルも出てくるかもしれません。

頭を空っぽにしての本編視聴をおすすめする次第です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク