泣けるアニメランキングTOP10!

コンテンツの中でも、泣きゲーと同じように涙腺崩壊のように泣けるアニメがあったりします。

恋愛要素だけでなく、深みのあるアニメであれば、ポロッと涙がこぼれてしまうものがあったりするでしょう。

数あるアニメでも、泣けるランキングTOP10を選抜してみたので、参考になればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

涙腺崩壊、泣けるアニメランキングTOP10

10位 とらドラ

とらドラ

父親譲りの目つきの鋭さのため、ヤンキーに見られてしまうことを気にしている高須竜児は、高校2年に進級し、以前から好意を寄せていた櫛枝実乃梨や、親友である北村祐作と同じクラスになることができた。一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須はヤンキー」という誤解を、また最初から解かねばならないことが憂鬱であったが、実乃梨の親友で誰彼かまわず噛み付く「手乗りタイガー」こと逢坂大河との出会いにより、意外に早くその誤解は解かれることとなる。

ライトノベルからアニメ化になり、花開いた作品になります。

高須竜児と逢坂大河が結ばれるまでの恋愛ストーリーとなりますが、二人の境遇から、通常のハッピーエンドになりませんが、それでも観てよかったと言える終わりが印象的なものでした。

前半部分はそこまでではありませんが、後半に従ってテンションが上がっていくこと間違いなしです。

周囲のキャラクターの恋愛劇も相俟って、泣けるアニメの王道となります。

なおライトノベルでは、櫛枝実乃梨の心理面などが深く描かれており、かなり重い作品になっていますが、アニメではその印象が緩和されているので、その点からもおすすめです。

9位 四月は君の嘘

四月は君の嘘

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

この四月の君の嘘は、恋愛と音楽要素を盛り込んだアニメになります。

宮園かをりの出現によって、有馬公生が突き動かされ、また振り回されることになりますが、好感の持てる青春を送っています。

後半部分で、泣ける要素、笑える要素が双方ふんだんに盛り込まれており、アニメファンなら是非視聴してほしいものになります。

8位 一週間フレンズ

一週間フレンズ

高校生・長谷祐樹は、いつも一人きりでいるクラスメイトの藤宮香織と仲良くなりたいと思い、彼女に近づこうとする。しかし、彼女はそれを頑なに拒む。その理由は、「1週間で友達との記憶を失くしてしまう」から…。

だが、それでも祐樹はひたむきに、香織との仲を紡いでいこうとする。祐樹の親友でクールな桐生将吾や、天然系の忘れっぽい性格の山岸沙希との交流を通して、香織は少しずつだが友達のことを記憶できるようになっていく。

博士の愛した数式のオマージュとなる作風の、一週間フレンズというアニメですが、育まれてきた愛情、友情が、リセットされてしまう過酷な境遇の中、必死に抗うその姿は、泣けると思い、ランキングとして紹介です。

7位 魔法少女まどか☆マギカ

まどマギ

鹿目まどかが巨大な怪物に破壊された市街地で傷つきながら戦う少女暁美ほむらを目撃し、白い動物のような生き物キュゥべえから「僕と契約して、魔法少女になってほしい」と告げられる夢を見るところから始まる。そのすぐ後にほむらはまどかと同じクラスに転校生として現れ、ほむらはまどかに「魔法少女になってはならない」と警告を行う。そして第1話後半ではまどかと友人の美樹さやかが魔女の結界に迷い込み、2人はそこで魔法少女の巴マミと出会う。

蒼樹うめ先生の、かわいいイラストが特徴的ですが、脚本が虚淵玄先生が手掛けていることから、凄惨たる魔法少女の世界とのギャップに酷く苦しめられることになります。

鹿目まどかはもとより、暁美ほむらのまどかを想う力が凄まじいです。

その理由は物語の後半に徐々に開陳されていき、それが完全に紐解かれたときに、ぐっとくるものがあります。

色々な意味で、泣ける作品であり、また世間的にも話題になった作品で、これは見逃せないアニメになります。

6位 おねがいティーチャー

お願いティーチャー

辺境惑星の駐在監視員として、地球に赴任した宇宙人・風見みずほ。正体を隠して、高校の教師として赴任したみずほは、主人公である草薙桂のクラスの担任となる。偶然、みずほの正体を知ってしまった桂は、彼女の秘密を守るため、彼女と結婚して夫婦として暮らすことになる。

桂は中学時代のトラウマから、「停滞」と呼ばれる、精神的なストレスに起因する「肉体的・精神的に昏睡状態」になる病気を患っており、過去には「3年間の長期停滞」を経験していた。 みずほとの生活から、いくつもの停滞を経験しながらも、次第に回復の兆しを見せていく。

草薙桂と風見みずほの疑似結婚から始める物語で、くっついては離れる二人の距離感が見どころとなります。

物語の後半部分で、停滞と呼ばれる症状と疑似結婚が大きな事件を呼ぶこととなり、最終回には泣けるシーンが盛りだくさんとなり、ランキング入りした次第です。

5位 時をかける少女

時をかける少女

ある日、中学3年生の少女・芳山和子は、同級生の深町一夫や浅倉吾朗と一緒に理科室の掃除を行っていた時に、実験室でラベンダーの香りを嗅いで意識を失う。その3日後、和子の周囲にはいくつかの事件が起こる。深夜に起こった地震により、吾朗の隣の家が火事になる。そして、その翌日に吾朗と共に交通事故に巻き込まれそうになった瞬間、和子は前日の朝に時間を遡行する。もう1度同じ1日を繰り返した和子は、一夫と吾朗にこの奇妙な体験を打ち明ける。最初は信じなかった2人も、和子が地震と火事を予言した事で、和子の話を受け入れる。3人の話を聞いた理科の担任である福島先生は、和子の能力はテレポーテーションとタイム・リープと呼ばれるものであることを説明し、事件の真相を知るためには、4日前の理科室に戻らなければならないことを指摘する。

名作とされる小説がアニメになって蘇えったものが本作品で、ある日、テレポーテーションとタイム・リープという時と時間の概念を超越する能力に目覚めることになります。

加えて同時期に起こった事件の解決のために奔走することになりますが、この特殊能力がきっかけとなる恋愛劇もまた胸にグッとくるものがあります。

ネタバレはなしですが、芳山和子の一途な想いに、泣けることは間違いないでしょう。

4位 君の名は。

君の名は。

東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと飛騨の山奥にある糸守町の女子高生・宮水三葉になっていた。そして、三葉は瀧の身体に。2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。

翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことをほとんど忘れていたが、周囲の人達の反応や、その後もたびたび「入れ替わり」が起きたことによって、ただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。

遠く離れた、男子高校生と女子高生の間で起こる入れ替わり現象がメインの物語となる本作。

アニメ映画として公開され、崖の上のポニョを超える名作となり、新海誠監督の織りなす演出は、最高峰の一つとされています。

入れ替わりと作中の歴史的な事件に立ち向かい、また結ばれ合う二人は、泣いて終われる感動作ということでご紹介です。

3位 帰ってきたドラえもん

帰ってきたドラえもん

いつものようにジャイアンにいじめられ、ドラえもんに泣きつくのび太。だがドラえもんは憂鬱そうな感じを見せる。実はドラえもんは未来の世界へ帰らなければならなくなったのだ。のび太は必死に止めるが、別れが辛そうなドラえもんを見て、ドラえもんとの別れを受け入れる事にする。

最後の夜、2人は町を散歩する。その途中でドラえもんが少しその場を離れた間にジャイアンが現れ、相変わらずの言いがかりをつけて、のび太に喧嘩を仕掛けて来る。ドラえもんから心配を払拭させるべく、のび太は無謀を承知で、単身ジャイアンに挑むのだった。

かなり昔の作品で、大山のぶ代さんが現役だったころ、とある事情でドラえもんが未来に帰らなければならないことになります。

のび太は、安心して帰ってもらうためにも、腕力で勝るジャイアンに挑むというもの。

想いの力で、諦めずに挑むその姿は、老若男女問わず泣けることは間違いないでしょう。

2位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

クレヨンしんちゃん

ひろしの希望で万博を訪れていた野原一家。到着の遅いひろしを待っていると、万博に突如怪獣が接近。「万博防衛隊」である野原一家はこれに対抗し、戦闘機で万博へ向かっていたひろしは巨大ヒーロー「ひろしSUN」に変身し怪獣に立ち向かう。

……という特撮ビデオを撮影していた野原一家。撮影も終了し「次は私の番」とみさえは胸を躍らせ、「魔法少女みさりん」に扮する。大人達は、子供の頃を懐かしむ「20世紀博」を満喫していた。ビデオ撮影はそのアトラクションの一つだったのだ。しかし親は遊ぶのに夢中で、かすかべ防衛隊は20世紀博の子供部屋に預けられては、毎日のように会っていた。大人達の異常なハマり方に疑問を抱く風間くんは、「懐かしいって、そんなにいいものなのかな」と不思議がり、しんのすけやひまわりも「二人ばっかり楽しんでずるい」と不満を漏らしていた。
昔を懐かしむのは20世紀博内に留まらず、街中を走る古い車が増え、古い電化製品やファッションが流行っていた。

ドラえもんと同じように、映画では作品の雰囲気を一偏させるクレヨンしんちゃんですが、やはり数ある作品の中でも、嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲は特に泣けるものになっています。

大人たちが過去を顧みる中、子供たちはそれを訝しる姿は、なんだか風刺じみていますが、それを抜きにしても、物語終盤による、しんのすけの活躍ぶりには大人も涙するほどです。

大人になればわかりますが、野原ひろしの偉大さには感服です!

1位 天元突破グレンラガン

天元突破グレンラガン

これは、戦闘因果に支配された宇宙の運命に風穴をあける男の物語。カテドラル・テラを制御可能にして地球への激突を喰い止めたシモン達。シモンがニアに贈った指輪を頼りにアンチ=スパイラル母星の位置を掴んだ大グレン団は、カテドラル・テラを超銀河ダイグレンと改名、全ての戦いに決着を付けるべく敵母星へと向かう…。

天元突破グレンラガンは、主人公シモンの子供から大人までの成長を辿る物語で、立志、風雲、怒涛、回天編の4つで構成されています。

どれも胸を打つもので、すべてを視聴していただきたいですが、最後のカミナとシモンの終劇は、泣けるものになっており、その涙がまた複雑となっています。

ただ単に泣けるだけでなく、熱い物語ということで、そちらとしてもレンタルなどで視聴してほしいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク