声優・坂本真綾のキャラソンをNG!?歌わない理由を考える。

女性声優の坂本真綾さん。

数多くいる中でかなりの支持基盤がある人気声優かと思いますが、

なぜなかなかキャラソンを歌わないといわれており、

そのNGの理由が気になるところです。

坂本真綾さん自身何か考えるところがあるのかということですが、

本件少し考えてみたいと思います。


スポンサーリンク

坂本真綾の声優活動で、キャラソンはNGか。

坂本真綾さんは、声優活動は1988年頃から開始されています。

また女優音楽活動も同時にこなし、

それぞれ2003年1996年からになります。

確かにこれだけのことをこなそうとすれば、多忙なはずで、

時間的な余裕から歌わないとも言えるかもしれません。

ただ、旦那さんの鈴村健一さんとの出会いとなった

機動戦士ガンダムSEED〜SEED DESTINYでなら

キャラソンを機会があったように思います。

スポンサーリンク

坂本真綾の旦那、鈴村健一のキャラソン。

機動戦士ガンダムSEED〜SEED DESTINYでは、鈴村健一さんは、

シン・アスカ役としてキャラソンを歌っていますし、

坂本真綾さんは、ルナマリア・ホーク役で歌うチャンスがあったでしょう。

このようにキャラソンは歌わないが、OP曲等は歌うというのは、

どういう風に捉えたらいいのでしょうか。

事務所に歌わないというNGを出さなければ、

キャラソン要請の一つや二つは来てもおかしくないように思います。

スポンサーリンク

坂本真綾、カリン役で2000年に一度。

キャラソンは歌わない・NGといわれつつも、

一度だけ確認できるものに、

メダロット」キャラクターソングで、荒野のメダロット / 夢色ロリポップ

カリン役として歌っているものがあります。

このキャラソンは2000年発売のもので、

2015年を基準とすると、かれこれ15年は全く歌っていないことになります。

これはなかなか珍しいことではないでしょうか。

坂本真綾さんのキャラソンについての出演NGについて、

真相を自身の口から聞きたかったりもしますね。

可能性としてこのメダロット時に何かあったとか、気になるところでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク