声優・田村ゆかりの裏・表の性格を考える。

声優・田村ゆかりさんですが、同じ声優の中では

ひときわ成功した方になったことは疑いようがありません。

やはり親しい声優ともなると、性格の良し悪しも気になることかと思います。

今回は、過去のエピソードを基に裏表の性格を考えます。

スポンサーリンク

田村ゆかりの性格を考える。

田村ゆかりさんに限らず、声優である前に、人であることから、

程度はさまざまですが、裏表は何らか持ち合わせているのが、

普通ではないでしょうか。

例えば、

田村さんは裏表のない素敵な人です

というようにアマガミ的な裏表のない素敵な人と評することもできますが、

今回は留保させていただきます。

田村ゆかりさんは、自身の性格をどう思っているのか、

また熱烈なファンの人たちは、何を考え、

どう感じているのか、とても気になるところです。

スポンサーリンク

田村ゆかりの性格にまつわる過去のエピソードその1。

田村ゆかりさんの具体的な過去のエピソードから、

今回は3つに絞って、裏表の性格について探りたいと思います。

まずケース1のデビュー前についてです。

田村ゆかりさんは、幼少の頃、アイドルに憧れていたようです。

小学生の頃に、高い声劣等感があり、

わざと低い声を出していたという逸話があります。

また高校卒業後は、一般企業に勤めつつ、

代々木アニメーション学院にて修行。

ただそれでデビューできないことから、会社を退職、上京そして

結果として声優デビューがあります。

ケース1の事情から判断すると、内向的な性格なのはわかるかと思いますが、

声優になりたい想いで、退職、上京は普通の人ではできないように感じます。

声優だと基本的に自営業になるようで、

アルバイト込みでやらないと生計が立てられないという話もあることから、

かなり夢には憧れるタイプではないでしょうか。

スポンサーリンク

田村ゆかりの性格にまつわる過去のエピソードその2。

続いてケース2で、田村ゆかりさんの黎明期についてです。

小学生時代から気にかけた高い声で友人関係が上手くいかず、

また養成所のいじめがあった過去があります。

はじめは、声優よりも歌手としての仕事が多かったことが、

非常に悩ましかったという話があるものの、

それでも徐々に仕事が貰えて、著名な作品に出演することができます。

特に今でも代表作に上がるのは、2004年魔法少女リリカルなのはで、

主人公兼ヒロインの高町なのは役を貰うことになります。

その翌年には、2期となるA’sがあり、

八神はやて役の植田佳奈さんと知り合います。

その植田佳奈さん絡みのエピソードとして有名なのが、

マージャン大会の誘いを断ったことでしょうか。

その理由として、植田佳奈さんなど知り合い以外の人と会うのが

嫌だったということです。

ケース2においても、やはり幼少期の性格はそのままで、

むしろ内向性が強化されていたりするかと思います。

人はなかなか変わらないと言えそうですね。

スポンサーリンク

田村ゆかりの性格にまつわる過去のエピソードその3。

最後に、田村ゆかりさんの性格の傾向となるケース3ですが、

日常生活的な話を紹介。

田村ゆかりさんは、声優の趣味でよくあるゲームが大好きなものの、

友達がいないことから、

オンラインなのにオフライン

ぼっちプレイさみしう

といった発言があったりと問題になったりしています。

また同じように

ゆかりんじゃない私は価値がない。誰も好きになってくれない

この角度でこの表情をしないとみんなの知っているゆかりんにならないから

などネガティブ発言があり、言わなくてもいいことを言っていたりします。

ケース1から振り返って、大きな成功を得たとしても、

性格というものは直らないように感じます。

また通常の人のともなるマイナス内向性があまりに強すぎて

を覆いつくすような性格に仕上がっているように結論づけます。

裏表ないとは違い、下手をすると危ない性格ともいえるかと考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク