すべてがFになる、アニメ最終11話の上映イベント紹介。

ドラマ、漫画だけでなく、アニメでも人気となるすべてがFになるで、

アニメの最終11話がそろそろ間近に控えています。

11話の試写会について、特別ゲストも登場。

その内容についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

すべてがFになる、11話試写会の特別ゲスト。

アニメ・すべてがFになるの、11話試写会は、

12月11日(金)~13日(日)に、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催されますが、

その最終日、13日の放送試写会後、トークイベントがあります。

そのトークイベントに、

新藤清二(咲野俊介)

山根幸宏(鈴木達央)

島田文子(日笠陽子)

犀川創平(加瀬康之)

西之園萌絵(種﨑敦美)

真賀田四季(木戸衣吹)

神戸守監督

6名の声優に、1名の監督と7名の豪華声優・キャストが登場します。

特に鈴木達夫日笠陽子さんは声優の中でも有名で、

ご存知の方が多いのではないかと思います。

国際理系映画祭2015の開催場所&チケット。

この試写会ですが、国際理系映画祭の中の一環として行われています。

上記のお知らせで、計3日間開催されていますが、

プログラムは公式より以下のように告知がされています。

<12月11日(金)>

19:00 『すべてがFになる』第1章~第6章
21:15 『ゼロの未来』

<12月12日(土)>

14:30 『すべてがFになる』第7章~第11章
16:25 『博士と彼女のセオリー』

<12月13日(日)>

14:30 『すべてがFになる』第1章~第6章
16:45 『すべてがFになる』第7章~第11章

この告知から、全部の章を一挙放送ということで、

興味があれば是非足を運んでみてもいいdしょう。

チケットの値段ですが、再度公式より、

¥1,500(税込)均一
11日、12日:『すべてがFになる』と映画が一緒に観られて 1,500円(税込)
13日:『すべてがFになる』がすべて観られて 1,500円(税込)

となっていて、お手頃と考えます。

関東圏に住んでいれば、チケット確保に向かうとよろしいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク