おそ松さんに出演する声優陣ですが、

同時期に放送されているしろくまカフェの声優陣とかなり似ているという話があります。

 

一部では狙っていたからという声もありますが、

その点に関する真相はどうなっているのでしょうか。

おそ松さん、しろくまカフェ出演声優陣を比較する。

 

おそ松さんしろくまカフェの声優陣では、

男性声優に一致点が多く見出せます。

 

まずおそ松さんですが、

各キャラと担当声優は以下の通りです。

 

松野 おそ松(櫻井孝宏)
松野 カラ松(中村悠一)
松野 チョロ松(神谷浩史)
松野 一松(福山潤)
松野 十四松(小野大輔)
松野 トド松(入野自由)

 

それに対してしろくまカフェにも出演し、

一致するものがこちら。

 

シロクマ&MC469MA(櫻井孝宏)
グリズリー(中村悠一)
ペンギン(神谷浩史)
パンダ(福山潤)
ラマ(小野大輔)
カピパラキッズ(入野自由)

このようになっています。

 

おそ松さんでサブキャラとなるトト子イヤミ役のそれぞれですが、

遠藤綾さんが笹子役で、また鈴村健一さんが営業マン役で、

しろくまカフェに登場しています。

 

双方の現場で一緒にならないのが、

チビ太役の國立幸さん、ダヨーン役の飛田展男さん、

デカパン役の上田燿司さん、そしてハタ坊役の斎藤桃子さんの4名となります。

 

この豪華声優の一致点は素直にすごいですね。

 

おそ松さん、しろくまカフェの豪華声優陣が一致したわけ。

 

上記の通り、かなりの部分で一致したとなったわけですが、

どうしてこのような事態になったのでしょうか。

 

原因は、豪華すぎる声優陣にあるかと思います。

 

男女ともに名前と作品キャラまで多く知られる声優陣は、

ほんの一握りとされています。

 

よって豪華すぎる声優陣を起用するとなると、

概ね声優陣にて、異様な一致率となることがありましょう。

 

おそ松さんしろくまカフェ以外にもこのようなことが当てはまり、

例えば弱酸性ミリオンアーサーでも豪華すぎる声優陣が注目されていまして、

さらにこれを比較対象に加えると、かなりの部分で一致点が見出せます。

 

結論として、制作側が人気声優、豪華キャストを選び続けている限り、

多くの作品で異常な一致が起こり続けると予想します。

 

たしかに豪華声優陣を起用すると、声や演技が安定しますし、

顔が知れている、親しみある声優が出ていることがわかると、

正直より面白く作品を見ることができたりします。

 

その弊害として、一部の声優に仕事が一極集中してしまうこととなりましょう。

 

声優業界も昔よりはマシになったということですが、

それでも異様な競争率の高さは健在で、生き残りが大変でしょうが、

他の声優の方々も負けじと頑張っていただきたいところです。