小倉唯が嫌いというアンチの対処について。

小倉唯さんについて、有名かつ人気のある、

さらに言えば美人の声優となります。

数多いる女性声優の中でも上位に数えられるほどで、

嫌いな人はいないというくらい支持が厚い方でしょう。

それでも小倉唯さんが嫌いというアンチはいるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

声優・小倉唯が嫌いというアンチについて。

小倉唯さんのアンチ、つまり小倉唯さんが嫌いという立場をとる人は、

いったい何が嫌いかということですが、

要約すると声が嫌い、という点が大きいように感じます。

小倉唯さんのこれまでの代表作に、ロウきゅーぶ!袴田ひなた役や

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-Aでの園城寺怜役が

よく知られることとなりましょう。

上記の作品的またキャラ的な役割からして、

意図するところが全く見えないわけではありません。

あまりに可愛すぎるキャラを演じてしまうと、

かえって・・・ということもありますからね。

ただ、これだけの人気を得るということからしても、

かわいい、美人ということには変わらないわけで、

嫌いという点になかなか理解を得るのが難しいかもしれません。

声優・小倉唯への嫌いを乗り越えて。

つまるところ、小倉唯さんに対して嫌いという人は、

ごく一部限られた層に限られるということになります。

それでも嫌いということは、そもそも声が嫌いなど、

具体的に理由づけせずとも、生理的に合わないという根本的な部分や

妬みなどの面から嫌いということでありましょう。

こうなれば事実上、この嫌いという点を解消することはまずもって不可能で、

もはや承知の上でスルーし続けるほかにないように思います。

人気者は辛いとはまさにこのことで、

小倉唯さんのことが嫌いというアンチとの平行線はずっと続くでしょうが、

可能な限り小倉唯さんには頑張ってほしいところでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク