声優・小山力也はジョジョ4部の吉良吉影&川尻浩作役で続投か!?

原作漫画で人気のジョジョの奇妙な冒険が、

2016年の4月より第4部ダイヤモンドは砕けないがアニメ化します。

4部においては先行発売していたゲームの担当声優において

吉良吉影川尻浩作を小山力也さんが担うことになっていましたが、

アニメでは変更がなされるかが気になるところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョジョ第4部の担当声優の交代劇。

これまでのジョジョの奇妙な冒険のアニメ化では、

1部から続き、3部まで放送されましたが、

いずれも原作に忠実再現されていたため、

原作ファンからも高い評価を受けてきた作品となります。

そして2016年4月より第4部が始まります。

その4部のキャラクターですが、先行のゲームで

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル

ジョジョの奇妙な冒険 アイスオブへブン

が発売されていました。

ゲームのほどの評価(amazonではご存知の通り大酷評)はさておき、

その声優としてのボイスはキャラにマッチしており、

好評だったと判断して差し支えないレベルだったかと思います。

それがアニメ化が決まり、声優・キャストの箱を開けてみると、

ゲームの声優とは大幅な変更が加えられていました。

大幅というよりも、ほぼすべてのキャラに変更が加えられています。

詳しくは声優・キャストの大幅入れ替え記事を参照ください。

噂では何らかの裏事情、業界事情が絡んでいるといわれていますが、

真相のほどは未だわからずじまいとなっています。

キャラの声については評判が良かったのに、

それに変更を加えるというのは、あまりよろしくないでしょう。

吉良吉影と川尻浩作の担当声優の交代劇はなされるか。

さて、ゲームにおいては吉良吉影川尻浩作を小山力也さんが

引き続きこれらのキャラを担当するのかが注目されています。

吉良吉影は、キラークイーンのスタンド保持者で

触れたものを爆弾に変える能力を持っていたりします。

また川尻浩作吉良吉影のなりすまし)は同じくスタンド名キラークーンで、

上記のスタンド能力に加え、空気弾ストレイ・キャットを使用します。

さらにバイツァ・ダストの発現時にはさらに強くなるという主人公の強敵になります。

どちらも人気のあるキャラですし、

声との兼ね合いも十分かと思われます。

引き続きの続投をお願いしたいところではありますが、

現時点で公式を除いても、いまだに判明しておりません。

おそらくギリギリまで引っ張るか、

アニメ放送中に発表と同時に登場ということもありえるので、

なかなかむずがゆいところです。

声優・小山力也さんの登場を期待して、

放送を楽しみに待ちたいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク