声優・小山力也、仮面ライダーでの俳優時代を振り返る。

小山力也さんは声優としてもはや不動の位置にいるほどになりますが、

かつては俳優として仮面ライダーにも登場することもありました。

若かりし頃となりますが、その小山力也さんの出演作品について、

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

声優・小山力也の仮面ライダー、俳優時代のキャリアについて。

小山力也さんは、声優よりも俳優としてのキャリアが長く、

それぞれ1996年1987年の活動開始となっています。

つまり11年ほど声優よりも長く俳優をされていることになります。

とはいっても、年齢的にも50歳を過ぎていること、

また声優での人気や知名度が高いことから、

声優活動を重視されていることが挙げられるでしょう。

俳優として1987年開始につき、

そのデビュー作が仮面ライダーとなります。

仮面ライダーBLACK RX」という作品での

霞のジョー役での出演です。

昭和の仮面ライダーということで、特撮好きの方ではないと

まずわからないのではないでしょうか。

昭和のライダーで有名なのは、1号2号V3そしてアマゾンです。

BLACK RXは昭和の最後のライダーになっています。

「仮面ライダーBLACK RX」と霞のジョーとは。

さて俳優・小山力也さんのデビュー作となる「仮面ライダーBLACK RX」は、

一体どういうものなのかです。

pixiv百科事典にて、

暗黒結社ゴルゴムを倒した南光太郎は新たなる敵・クライシス帝国によって変身能力を奪われ宇宙に追放されてしまった。

しかし、彼に埋め込まれたキングストーンは太陽光線を浴びて進化・パワーアップを果たし新たなる姿・仮面ライダーBLACKRXとなった!

新たなる力を得た南光太郎は地球制圧を目論むクライシス帝国と戦うのだ!!

というあらすじがあります。

この作品では、主人公南光太郎を補佐、仲間として霞のジョーが登場します。

設定としては空手の名人らしく、霞流拳法という独自のスタイルの

戦闘方法を編み出しているようです。

武器は、サイ、爆弾そして霞網。

まさに昭和という時代をにおわせるものになっていますね。

格好もまさにそれを反映しており、

以下の画像が若かりし小山力也さんです。

右の方が、霞のジョーこと小山力也さんですね。

今の見た目はとは大きなギャップがあり、

本件の情報を知っていないとわからないかと思います。

「仮面ライダーディケイド」と霞のジョーの関係について。

ところで2009年に放送された平成の仮面ライダー、

仮面ライダーディケイド」が放送された経緯があります。

仮面ライダーディケイドの作中では

異世界にまつわる設定が含まれており、

主人公が様々な世界へ旅立つことになります。

様々な世界において、過去作品で活躍した、仮面ライダー(クウガアギトカブトなど)

と出会うことになりますが、その中に「仮面ライダーBLACK RX」の

RXの世界というものがあります。

仮面ライダーディケイドは、BLACK RXと相まみえるわけですが、

加えて霞のジョー(小山力也)との夢の共演が企画されていました。

制作側も小山力也さんに霞のジョーとして出演をお願いしたようですが、

かなりの年月が経っていて「恥ずかしい」との理由で

出演を拒否されたそうです。

後年になって小山力也さんの口から「出ても良かったかな」と回顧された

過去があるものの、もし別の世界線が存在すれば、

まさにその夢の共演が叶っていたかもしれませんね。

ちなみに2013年に放送された「天下分け目の戦国MOVIE大合戦」という映画で、

仮面ライダー武神鎧武として声優での出演が叶っています。

ただ俳優として生の姿を見ることができなかったのは

大変残念なところではありましょうが、機会があれば、

小山力也さんが出演している仮面ライダーを視聴すると面白いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク