[ネタバレあり]おそ松さん15話の感想、チビ太と花の精に感激!

おそ松さん15話では、就職面接、じょし松さん、そしてチビ太と花の精の話でした。

笑いあり、涙ありの、そんな15話になったかと思います。

ネタバレありで、15話の感想となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おそ松さん、15話「就職面接」について。

おそ松兄弟の、十四松がついに就職に向けて面接会場に臨むことから

話が始まります。

多くの学生が集うことになりますが、

リクルートスーツの影響もあるのか、とても暗い印象があるそんな重々しい雰囲気です。

おそ松さんの世界では、就職氷河期とでもなっているのでしょうか(リアルの世界だと、リーマンショック前までの段階に戻った話がありますが)。

さて面接に臨むのが、十四松ということで、

明らかに変な方向に進むことと思われましたが、実際その通りになりましたね。

面接官は、チョロ松となり、そういった世界線で、

問答の応酬が繰り広げられます。

が、クレヨンしんちゃんパロ、変顔、野球芸でまさにコントのような

就職面接になりました。

就職面接先の社長が、カラ松になりますが、

彼は天才だ、今すぐ採ろう

と意気込んでいますが、社員は反発。

それでも最終的には採る段階にまで進めてしまいます。

ただ十四松自身が、辞退するような形で幕引きとなりましたが、

あれはいったい何を言いたかったのでしょうか。

その点については、考察班の方がしっかり検証してくれるでしょうし、

続報を待ちたいところとなりますが、面接に挑むのが十四松ということで、

原因究明はかなり大変なように思えます。

おそ松さん、15話「じょし松」について。

じょし松ですが、いろいろな属性持ちのじょし松が、登場の回ですね。

ギャル、女子就活生、何とも形容し難い子など、

6人が揃った中で、旅行をするというお話。

旅行についてですが、

ストーリー進行上に出てきた、秘宝館という言葉から、

熱海への温泉旅行に来ているのかと察せられます。

旅行に来たのはいいのですが、

予定通りに事が運ばず、仲間割れで空中分解することになります。

喧嘩の果てには絶交ということになって、

話が途絶えるのですが、その数日後がオチとなります。

かの6人のLINEでのやり取りで、

次の連休どっか行く?

で十四松子が異様なアイコンで締めてくれました。

結局のところ、大抵のことは元の鞘に収まることでいいでしょうかね。

おそ松さん、15話「チビ太の花の命」について。

チビ太がおでんについて苦悩する回となります。

たまたま道端に咲いていた、枯れかけていた花を助けてあげたことから始まり、

その花が精霊になって、チビ太へ恩返しする回でもあります。

突然かわいい子がやってきて、チビ太へデートのお誘いをすることになりますが、

チビ太は、美人局ではないかと疑い、拒否するのですが、

紆余曲折あり、純粋なデートのお誘いであることを確信。

久々にほのぼの感覚で、おそ松さんが観られたようなそんな感覚ですね。

花の精によって、いいおでんをつくるために、

チビ太はその申し出を受け入れることになますが、

花の精もかわいさパンチ力には視聴者も圧倒ました、見事です、はい。

花の精がいいたいこと、いいおでんをつくるためには、

おでんばかりのことを考えてはいけない。

花の精の言葉を借りると

アナザーディメンション

が必要ということですね。

最終盤、ついに花の精とのお別れが近づいてきました、

時間的に、また夕日的にそういう印象にさせられましたが、

やはりですね。

悲しい物語となりましたが、同時に幸せな物語となりました。

オチはご存知の通りの、カラ松のもう一人の花の精ですね。

オチューのような化け物になって、終了というこち亀のような幕引きですね。

最後のチビ太回には大いに感動させられたので、

これくらいであれば十分すぎる感動作となった感じです。

次回は一松事変ということで、一松が何やら騒動を起こす回となるのでしょう。

そちらも期待して、待ちたいところとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク