僕だけがいない街、なぜ役者が声優に、の意図が伝わらないのか。

アニメ・僕だけがいない街が、好評中で放送されていますが、

作品がいいだけに、一般車にとり、なぜ役者が声優をするのかがわからないところ。

監督にはしっかり意図があるということは、多くの知るところとなりますが、

それでも掴みきれず腑に落ちない様子でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ役者が声優を担当するかについて。

まず完結に、主人公をプロの声優ではなく、

役者にしたのかという点について、

少年ジャンプっぽいというか、みんなかっこよすぎた

との理由で、なかなか満足のいかない様子でしたが、

あるきっかけで俳優の音声テープを聞いて、大いに納得したそうです。

具体的にどこがよかったかというと、

雰囲気が昭和っぽくていい意味で今っぽくない。声を聞くとあまり高くなくて、

朴訥としている。あと、こいついい子だなと思わせる声ですけど、

それが押しつけとして、攻めてこないところが良かった

というところです。

アニメ放送前から、役者が声優をやるということで大きな不安がありましたが、

やはりというべきか、あまりいい評価は得られていません。

むしろ芸人、役者関係の人が声優を担当すると必ずと言っていいほど起こる

なぜ」が今回も出た形になりました。

本作では多くの若手声優が登場していますから、

予算の都合がつかなかったような印象を受けます。

時間や費用がしっかりしていたら、もっといい主人公藤沼悟の声優を

起用できたのではないかという疑いがあります。

また有名な俳優を使って、PRにもなるわけで、

かつ所属事務所にも一種の縁ができることもあり、

いろいろな意味で効率がいいことには間違いないかと思われます。

ちなみにですが、この作品の監督は、伊藤智彦という方で、

劇場版SAO(ソード・アート・オンライン)の監督でもあったりします。

1期、2期と非常に好評で、原作のライトノベルも人気となる、

アニメ好きにはたまらない作品でしょうが、

SAOでの出来栄えが心配になったりします。

声自体は、キリトとアスナなど主要声優を踏襲することで問題ないでしょうが、

その他の面で今回のように「なぜ役者が声優を!?」ということが

起きなければいいのですが、果たしてどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク