Fate/staynightからのアニメの順番はどうなってる!?

PCソフトを原作とし、アニメや映画で人気を博するFate/staynightですが、

シリーズの順番をわかりやすく整理していきたいと思います。

FGOというスマホアプリまで登場するまで大きなコンテンツとなりましたが、

その分幅が広がりすぎてわかりにくいものがありましょう。

ネタバレありで紹介となりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

時系列でFate/staynightの順番を紹介する。

まずアニメや映画における順番ですが、

Fate/staynight(2006)

劇場版アニメFate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS(2010)

Fate/Zero(2011、2012)

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(2013)

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!(2014)

テレビアニメFate/stay night [Unlimited Blade Works](2014、2015)

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ヘルツ!(2015)

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!(時期未定)

劇場アニメFate/stay night [Heaven’s Feel](時期未定)

と以上のようになっています。

以下詳細となります。

social

出典 http://www.fate-sn.com

まず、あらゆる派生商品の原点となるものに、

Fate/staynightがあります。

2006年においてテレビ放送されたのは、

正史とされるセイバールートというもので、

PCゲームでもPS2のソフトでも真っ先に攻略を迫られるルートとなります。

衛宮士郎及びアーサー王こと、セイバーが、

4次大戦の生き残りのアーチャーを討ち、これまで続いた凄惨な聖杯戦争の

幕引きに諮ることに成功します。

uploaded.jpg width=546

出典 https://gamy.jp

次に2010年公開の劇場版アニメFate/stay night UNLIMITED BLADE WORKSですが、

2014年のものと傾向が同じで(2014年のものにつき、大幅と言える

加筆修正がなされてる)、遠坂凛のアーチャーの出生の秘密を暴きつつ、

固有結界により衛宮士郎とギルガメッシュの直接対決、

そしてヒロインの凛と結ばれて大団円となる作品です。

登場キャラクターの中でも、遠坂凛の人気は非常に高く、

優先順位としての順番は早めに見ておきたいものです。

fatezero_bdbox01

出典 https://gamy.jp

20112012年の間、2期にわたり放送されたのがFate/Zeroになります。

これまでは奈須きのこさんの原作となりましたが、

当時hollow ataraxia制作に追われていたため、

手が足りずということから脚本家として信頼のある虚淵玄さんが執筆したものになります。

これが世間一般に虚淵玄さんが知られることになった作品で、

4次大戦の主人公衛宮切嗣とアーサー王ことセイバーの凸凹コンビが、

さまざまな強力な陣営を相手にしていくことがメインとなっているものです。

この作品はすさまじくハードボイルドに描かれており、

管理人的な見方ではセイバーVSバーサーカーやライダーVSアサシン、

そしてキャスターVSセイバー、ランサー、ライダー陣営の戦いが熱いことでしょう。

ただし、物語がバッドエンド、鬱エンドのようなものとなり、

ライダー陣営と言峰綺麗あたり以外皆悲惨な終わり方をします。

虚淵玄さんの作風から、また10年後の正史において大団円となっていることから、

出来る限り悲惨なことになるようにしかたったみたいですね。

本作とは関係ありませんが、まどマギやサイコパスで、

日本を代表する脚本家の仲間入りを果たしました。

e4c2ecfe

出典 http://blog.game084.com

さてFate/kaleid liner プリズマ☆イリヤという作品ですが、

虚淵玄さんのような血で血を洗うようなシーンというものはなく、

笑顔で鑑賞できるというのがウリとなりましょう。

イリヤが主人公となる作品ですが、

衛宮切嗣とアイリ・スフィール・フォン・アインツベルンの子であり、

かつ一種のホムンクルスとなっています。

Fateでも別の世界戦という設定で、プリズマ☆イリヤでは、

5次大戦のようなバーサーカーを連れて暴れまわるというわけではなく、

ただただ普通の女の子になります。

もちろん話の設定上、魔法少女となり、

クラスカードを回収する任を受け持つこととなりますが、

このレベルのものが一番人を選ばない!?のかと思います(百合要素には注意)。

5163923f3c2c80bec714d065251407151406469546_full

出典 http://www.crunchyroll.com

最後に劇場アニメFate/stay night [Heaven’s Feel]についてですが、

通称桜ルートと呼ばれるものになります。

ゲームでは順番としてはセイバー、凛(アーチャー)ルート、そして最後に

第三魔法となるHeaven’s Feelのヒロイン、間桐桜(遠坂凛の妹)のルートを推奨します。

具体的な説明としては衛宮士郎が人として正しい道を進むルートとなり、

最終的に間桐桜を救うという物語になります。

この桜ルートのいいところは、セイバー、凛(アーチャー)ルートでは、

ほとんどいいところがなかった(ワカメのせい)ライダーが、

最後の最後まで大活躍をしてくれること。

また4次大戦の神父が5次大戦に蘇るマーボーが

ラスボスのような肉弾戦バトルをしてくれることです。

戦闘においては、アーチャーの腕により理性を犠牲にするものの、

超人的な性能を発揮して、英雄となるバーサーカーとの直接対決が見どころとなります。

ゲームではバッドエンド直行となりますが、衛宮士郎VS黒セイバーの対決もすさまじく、

固有結界なしでセイバーとの直接対決を制することが、心が躍るシーンとなります。

このルートの残念なところは、ヒロインとなる間桐桜が、

あまりヒロインらしいことをせず、むしろライダーがヒロインぽいことを仕出かすことから、

その点はちょっと残念だったりしましょうか。

こちらのルートは上記のような欠点がありますが、

それでも最高峰のクオリティを持ちますので、是非ともプレイをはじめ、

劇場公開されれば視聴必須のものになりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク