ラブライブ!サンシャインは、公式によると

静岡県沼津市の海辺の町を舞台にしていることが発表されています。

 

ということは、現実の拝見を調整してアニメに載せていることが考えられますが、

その中身について見ていきたいと思います。

ラブライブ!サンシャインの聖地となる静岡県沼津市について。

 

サンシャインの聖地となる静岡県沼津市は、静岡東部に位置し、

伊豆半島の付け根にある場所です。

 

以下実際の地図ですが、市のほぼすべてが海に面していることがわかります。

 

 

沼津市には20万人弱ほどの人口があり、

静岡県でも浜松市や静岡市には敵わないものの、

静岡でもトップ10に入る人口の多い市ということになります。

 

サンシャインの聖地その1 学校や校舎

 

サンシャインでは、舞台の高校は浦の星女学院となっています。

 

その設定にひと役買っている学校に、

市立長井崎中学校をモデルにしているのではないかと言われています。

 

CObRpZEVAAA33np
出典 https://twitter.com

119b88459f.jpg ct=aba8c7bd0a52
出典 http://www.lovelive-anime.jp

 

静岡県沼津市内浦重須字洞畑453に所在地を置いていることになります。

 

特筆事項としては、1学年に男女含めて30人未満であり、

よって学校全体の学生の数が100人を下回ることが挙げられます。

 

田舎の学校でよくあるケースなのかもしれませんね。

 

ラブライブ!サンシャインの影響で、聖地巡礼される方がいらっしゃるでしょうが、

無断で学校内に立ち入ることのないようにお願いしたいところです。

 

サンシャインの聖地その2 カエル館

 

サンシャインの聖地で、

各々のキャラクターの背景になっている箇所も当てはまることになりましょう。

 

CayJOpsUMAEKoGd
出典 http://lovelive-matome.com

DSC01650
出典 http://tsuyoweb2.blogspot.com

 

 

まず松浦果南の背景にある建物は、カエル館になります。

 

このカエル館ですが、あわしまマリンパークと呼ばれる施設で、

富士山の見える無人島水族館となっています。

 

静岡県沼津市内浦重寺186という住所で、来園するには、

船で行く必要がある場所となっています。

 

年中無休で9:30~17:00まで開園しており、

大人(中学生以上)1300円、子供800円となります。

 

サンシャインの聖地その3 安田屋旅館

 

サンシャインの高海千海は、旅館出身の娘となっていますが、

太宰治先生のゆかりの宿となる安田屋旅館ではないかという言われています。

 

1263
出典 http://yaplog.jp

 

この旅館にて、太宰治先生が「傾陽」を執筆されたとの話があります。

 

for amazon

 

人間失格」や「走れメロス」ほどの知名度を持つ作品ではないですが、

秀逸な小説になりましょう。

 

kindleでは無料で読めるらしいので、

機会があれば読んでみるのもいいのではないかと思います。

 

さて、安田屋旅館ですが、静岡県沼津市内浦三津19にあり、

一泊二日で12000円からとなります。

 

サンシャインの聖地は、沼津市全域にわたってあるため、

宿泊が必要となってくるため、巡礼をしたい場合、

こちらに泊まるとよろしいのではないでしょうか。

 

サンシャインの聖地その4 木負堤防

 

渡辺曜が釣りをしている場面で、

聖地となる場所は一体どこになるでしょうか。

 

19576df3dd.jpg ct=cd3df8197f18kihu002s1

 

こちらは、木負(きしょう)堤防という、

釣り好きにとって人気のあるスポットとなっています。

 

夏の季節では、アジやサバ、シロギス、クロダイといった

魚を釣ることができるようです。

 

場所ですが、市立長井崎中学校の北部、

県道17号線の先、赤崎の先端部分の堤防となっています。

 

夏の大型連休の際に、釣り具を持参して、

聖地巡礼かねて遊びにいってもいいかもしれませんね。

 

サンシャインの聖地その5 淡島ホテル

 

静岡でよく知られる箇所となるのが、淡島になりますが、

その淡島ホテルも、サンシャインの聖地として登場するようです。

 

1265_large
出典 http://yaplog.jp

 

小原鞠莉と松浦果南の後ろにある施設が、

駿河湾にひかえる淡島ホテルとなります。

 

無人島に佇むホテルとなり、まさにバカンスにもってこいになりましょう。

 

住所は、沼津市内浦重寺186となり、

一泊40000円以上となり高級ホテルさながらの料金設定のようです。

 

なお無人島ということからか、12歳未満のお子様の来場は

お断りしているとの告知があります。

 

子供連れでサンシャインの聖地巡礼をする場合を除いては、

一度宿泊にチャレンジしてもいいかもしれませんね。