GATE 自衛隊のラジオとアニメ感想について。

GATE-自衛隊-彼の地にて、斯く戦えり炎龍編

2期が2016年冬開始ということで、時期が迫ってきているところ。

このアニメのラジオとアニメの感想について触れていきます。

スポンサーリンク

GATE-自衛隊-ラジオ放送。

GATE-自衛隊-彼の地にて、斯く戦えりの情報、広告のため運営されている

アルヌス放送局というものがあります。

響-HiBiKi Radio Station-で毎週木曜配信。

パーソナリティの諏訪部順一金元寿子さんの両名で行われており、

回ごとにゲストを呼んでのラジオ放送となっています。

このラジオですが、11月5日時点で、17回を迎えております。

なおこの収録関係でCD化もされており、そこで聴いてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

GATE-自衛隊-彼の地にて、斯く戦えり1期の感想について。

2期へGATE-自衛隊-彼の地にて、斯く戦えりが向かっていくわけですが

1期の感想についての情報を収集してみました。

なるほど、本作品については各々、

いろいろ考えるところがあると言えるのではないでしょうか。

単なる萌え(燃え)だけではないよと。

スポンサーリンク

GATE-自衛隊-彼の地にて、自衛隊制度との兼ね合い。

自衛隊がアニメやマンガで登場するとなると、

現行制度の自衛隊の制度に行くつくかと思います。

こればかりは仕方ないことなので、一種の割り切りが必要でしょう。

例えば、自衛隊関連の作品だとジパングがあります。

こちらは二次大戦の日本にタイムスリップで、

当時の日本を追体験に近い形で物語が進行します。

こちらは、大日本帝國とは距離を置く形になっているので、

物語が進むにつれて、イージスの補給がつき、

貧すれば鈍していく構成です。

作中自衛隊がワプス級の空母を沈めるといったシーンでも

なかなか現実離れしているので、その点視聴者側での

了解なるものが求められるでしょう。

簡潔に、一言で回答すると、

深く考えずに楽しみましょうとなりましょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク