チャーリーとチョコレート工場、声優宮野真守が吹き替えへ。

本日11月13日(金)21時からチャーリーとチョコレート工場

金曜ロードSHOWで放送となります。

パイレーツ・オブ・カリビアン』で有名なジョニー・デップですが、

本作品の演技に注目したいところです。

そのジョニー・デップへの吹き替えですが、今回声優の

宮野真守さんが挑戦されます。

チャーリーとチョコレート工場についてお知らせです。

スポンサーリンク

チャーリーとチョコレート工場、主人公ウィリー・ウォンカの日本語吹き替え。

チャーリーとチョコレート工場は元々映画作品です。

その当時はジョニー・デップウィリー・ウォンカを、

藤原啓治さんが担当され、今回バトンタッチという形で、

宮野真守さんが吹き替えをするということになります。

アニメでもありますが、何らかの機会で担当声優が変わることがありますが、

その影響で作品の性質が変わってしまう場合もあります。

顕著な例で言えば、ドラえもん(作画の変更も大きいですが)でしょうか。

映画の場合、アニメほどのイメージが変わる大きな変更はされないものの、

やはりこの吹き替え声優の変更は注目したいところです。

スポンサーリンク

チャーリーとチョコレート工場、大きく変わる日本語吹き替え声優。

チャーリーとチョコレート工場の吹き替え声優ですが、

主役以外にもほぼすべての声優が変更されているようです。

一部ですが以下wikiより抜粋させていただきました。

役名 俳優 劇場吹き替え版 日本テレビ吹き替え版
ウィリー・ウォンカ ジョニー・デップ 藤原啓治 宮野真守
チャーリー・バケット フレディ・ハイモア 池田恭祐 冨澤風斗
ジョーおじいちゃん デイビット・ケリー 清川元夢 大木民夫
バケット夫人 ヘレナ・ボナム=カーター 山像かおり 渡辺美佐
バケット氏 ノア・テイラー 咲野俊介 家中宏
ボーレガード夫人 ミッシー・パイル 石塚理恵 篠原恵美
ソルト氏 ジェームズ・フォックス 小林修 内田直哉
ティービー氏 アダム・ゴドリー 内田直哉 中村秀利
グループ夫人 フランツィスカ・トローグナー さとうあい 堀越真己

ここまで変えるとなると、大きく騒がれるのではないでしょうか。

本作品自体、相当の知名度を持って知られていますし、

子供から大人まで楽しめますから、

気にしつつ11月13日夜を楽しみにしたいところです。

スポンサーリンク

チャーリーとチョコレート工場、日本語吹き替え声優プロフィール。

最後に、大抜擢となった宮野真守さんのプロフィールを

紹介させていただきます。

生年月日 1983年6月8日
血液型 B型
職業 声優、俳優、歌手
事務所 劇団ひまわり

となり、年齢32とかなりお若い方です。

また代表作ですが、アニメだと

DEATH NOTE 夜神月役

機動戦士ガンダム00 刹那・F・セイエイ

七つの大罪 ギルサンダー

といった役をこなされています。

これらの作品の声をイメージして、

チャーリーとチョコレート工場の吹き替えを楽しんでいただけれ

面白いのではないかと考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク